One Year! / 一年間!

Happy anniversary to me!  Today marks a year since I arrived in Japan. What a year... My expectations of Japan were quite high, and it has surpassed all of them. I am glad to say that I am still excited for and eager to learn Japanese, meet Japanese people, and immerse in Japanese culture. My language skills have improved to the point where I am able to make friends with people who don't speak any English at all.

今日は、日本に来た時から、一周年になっています。すごい一年間でした。実な日本の方が思いよりいいです。今まででも、日本語の勉強や日本人に会いや日本の文化を習いものを楽しみにしています。

私の日本語は、英語できない人と仲良くなれるのようにほど上手になりました。

Learning Japanese has allowed me to get into the music scene too, booking shows in live houses and collaborating with Japanese musicians. In addition to studying the language which I still do almost daily and making friends, my year has consisted of moving three times, having changing jobs twice, traveling to Osaka and Aichi, going to the beach in Chiba, eating all kinds of food, becoming a regular at cafes where they know my order, traveling to Korea, playing ten live shows, and most recently, recording a 2-song single CD.

日本語を勉強したので、音楽シーンに入れるようになりました。ライブのブッキングをしたり、他のミュージシャンと手を組んだりできます。

勉強以外も、この一年間忙しかったです。家を三回引っ越して、仕事も三回変わって、大阪や愛知や千葉県に行って、いろいろな食べ物を食べて、カフェでお馴染みになって、韓国に旅行をして、ライブを十しました。それに、最近に、二曲CDを録音しました。

The title track for the CD is Shizukanako (Quiet Child), my first recording of an original song in Japanese. I recorded it along with violinist Yoshimi Sugiura, of the jazz band Atomic Heart.

The other track is called "Lost in Japan," a song I wrote exactly one year ago, upon first arriving in Japan. The calligraphy on the CD cover was painted by my Nagoya friend Yuka Nozue.  I'm so grateful to have such talented friends!

そのCDのタイトルは、「静かな子」です。CDの中で、同じなタイトルを付くて一曲もあります。最初のオリジナルな日本語曲の録音です。この曲を、バイオリニストの杉浦 佳美が弾きます。

CDの他の曲は、「Lost in Japan」っていう歌です。この歌を、日本に来て、その最初の1週間で作りました。CDの表紙の書道は、野末侑花が書いたものどす。すごく上手な友達がいるのでありがたいです。

2018-09-18 14.46.01-1.jpg

I'll be releasing that CD at my show at Mona Records live house in Shimokitazawa, Tokyo on October 6th. You can look here for information if you'd like to come!

My next project is a music video for Shizukanako, which I'm producing with Marina Maekawa and Natsuki Toshinari.  I'm excited to share it with you when it's finished. I'll also be playing some other shows in October and November, including a birthday party show on my birthday on October 28th at my friend Megumi Rain's beautiful Cafe Cheshmeh in Sasazuka. Mizukijiku and Raven's Tale -- two great local singer-songwriter duos will join me for the celebration.

そのCD発売のライブは、10月6日のライブでやります。下北沢のモナレコードっていうライブハウスでします。これは、そのライブのインフォメーションです。来られたら、来てください!

次のプロジェクトは「静かな子」のミュージックビデオです。それを前川 真梨奈と俊成名月と作ります。作り終わったら、あなたがたとシェアをできるのを楽しみしています。

ビデオと発売ライブ以外、もう三つのライブをします。そのうちで、一つは10月28日に誕生日のライブです。友達のバンドの美月時空とRaven's Taleと、一緒にそのライブをします。

これは、すてきな一年間でした。次の一年間を楽しみにしています。またね!

This has been a life-changing year, and I can't wait for the year to come!  I'll be in touch!

Mona Records Show / モナレコードのライブ

Hi everyone! It's been a few months since I've written, but I'm still here. Last month, on June 30th, I reached an important goal I had set for myself. I played a show at Mona Records in Shimokitazawa. Mona Records caters to Japanese indie rock and folk groups, and it was the first show I've played that's within the Japanese music scene. Especially to play in Shimokitazawa, my favorite town in Tokyo and where I live, was like a dream.

Here's a video of the show!

こんにちは!数ヶ月書かなかったけど、まだ生きていますよ。先月、6月30日に、大切な目標が叶いました。下北沢にあるMona Recordsってライブハウスでライブをしました。Mona Recordsでは、インディーロックとインディーフォークのバンドが演奏します。6月30日のライブは、 日本の音楽の世界でした、初めてでした。特に、一番好きで住んでいる町下北沢で演奏することは、夢のようなことでした。

 

これは、そのライブのビデオです。

This was the last in a series of 5 shows in 2 months. I'm going to take a break from live shows now for the summer. I'm planning to record two songs, Lost in Japan and Shizukanako (Quiet Child) and release them as a single at my next show on October 6th, which will be my anniversary show (it will have been one year since my arrival in Japan).

I might even make a music video for one of them if time allows.  I'll keep you posted.

Enjoy the video, and talk to you soon!

2ヶ月間で、5つのライブをして、これは、そのライブのうちで、最後です。今から、夏の間、ライブをしません。そのかわり、曲を2つを録音するつもりです。その曲は、Lost in Japanと静かな子って歌です。私の次のライブは10月6日です。一周年記念のライブです。(日本に来て、一年経ちました)。そのライブで、その録音した曲を発売のつもりです。

十分な時間があったら、ミュージックビデオも作りたいです。進捗を教えます。

ビデオを楽しんでください!またね!

最初の年老いた日本人の友達/My first old Japanese friend

今日の投稿は、私の近所について話です。日本語の勉強のために、この話を書きましたけど、実の話です。タイトルは、最初の年老いた日本人の友達です。

 

家の近く、駅と家の途中に、小さな肉屋があります。もちろん、肉以外、他のものも売る店です。店員が三人います。男の人と女の人とおじいさんです。その人たちは家族だと思います。1週間に3、5回、その店に、色々なものを買いに行きます。たいてい、仕事が終わった後の夜に、店に行きます。その時間はたいていおじいさんが働いています。


何回も行ったので、そのおじいさんは、私の顔を見分けられるのようになりました。3週間前くらい、「何人だ?」と私に聞きました。「アメリカから来ましたけど、アルゼンチン出身です」と私は彼に答えました。少しびっくりしたおじいさんは、こう聞きました。「スペイン語をできる?」「できます」と私は答えました。おじいさんは、喜んで、「Buenas noches」と言いました。私は「Buenas noches」と彼に答えました。おじいさん、「Gracias」。そして、私、「De nada」と言いました。それから、お支払いをして 、帰りました。


次の日の夜、店にまた買い物をしに行きました。また、おじいさんはいました。「こんばんは!いらしゃいませ!」と言って、それから「あんたは、何人?」と聞きました。「アレゼンチン人ですよ」と私は言いました。おじいさんは、びっくりして、「そうか!Buenas noches」と嬉しそうにまた言いました。

そのころから、店に行く時は、いつも、同じ話をします。彼は、私の最初の年老いた日本人の友達です。

Today's post is a story about my neighborhood. I wrote it to study Japanese, but it's a true story. This is the English translation.

Near my home, between my apartment and the train station, there's a small butcher's shop. Of course, they sell other things besides meet. Three people work at that shop: A man, a woman, and an old man. I believe that they are a family. Three or four times a week, I go there to buy various things. Usually it's at night, after work, and the old man is working.

I've been there so often that the old man has gotten to recognize my face. About three weeks ago, he asked me "What's your nationality?" "I came from the United States, but I'm originally from Argentina," I answered. The old man was surprised and asked "Do you speak Spanish?" "I do," I answered. The old man said "Buenas noches," and I replied, "Buenas noches." "Gracias," said the old man. "De nada," I said. Then I paid for my purchase and went home.

 

The next evening, I went back to the store to do some shopping. The old man was there. "Good evening, welcome," he said, and then "What's your nationality?" "I'm Argentinian," I said. The old man was surprised and happily said "Really! Buenas noches" again.

Since then, when I go to the shop, we always have the same conversation. He is my first old Japanese friend.

日本語で作ったこと/Something I wrote in Japanese

お久しぶりです!

日本語で何かを作った。見せたいです。それに、次のライブのことを教えたいです(5月に二つ、6月に三つ)。このリンクで見られます。ライブ。では、日本語で作ったことは、これです。

大きな声で、お日さまは「おはよう」と歌ったが誰にも聞こえなかった。そんな大きな声が聞こえないで、みんなに無視されるなら、僕の小さな声を誰が聞けるだろう?

それは悲しいことだよね…

しかし、ある日気づいた。お日さまが太陽の歌を歌う時に、花が咲いて、お日さまの歌を聞いているところを見た。その後、こう思った。

「多分、世界のどこで僕の歌も聞いている花がいるだろう。」

それはいいことだと思う。

Hi!  It's been a long time!

I wrote something in Japanese and I want to share it with you. Also, I want to let you know about my next shows (2 in May, 3 in June). You can see them at this link. Anyway, here's a translation of the Japanese thing I wrote:

With a loud voice, the Sun sang "Good morning," but no one heard it. If people can ignore such a big voice, who could hear my little voice?

What a sad thing that is, isn't it?

However, one day I noticed something. I saw that when the Sun sang its sunshine song, the flowers bloomed and heard that song. Seeing that, I thought: 

Maybe, somewhere in the world, there is a flower who can hear my song too.

I think that would be a nice thing.

2018-04-29 18.05.37.jpg

Happy New Year 明けましておめでとう

Happy belated new year. So, I'm now moved to my new home in Shimokitazawa. I love it here. It's full of cafes, vintage goods shops, restaurants, colors, and people, music venues (live houses) and cool narrow streets. (The streets in Japan are all pedestrian streets, until a car drives through. Sidewalks are uncommon.)

遅なってしまったけど、明けましておめでとうございます。さて、最近下北沢で新しい家に引っ越しました。私はここが大好きです。カフェや、ヴィンテージショップや、レストランや、色や、人たちや、ライブハウスや、かっこよくて狭い道がいっぱいだからです。

Last week I ventured into Mona Records, a live house in Shimokitazawa that has been recommended to me as a place that's good for acoustic, indie-folk sets. I spoke to a manager regarding playing a show there. Once again, despite my endless hours of studying Japanese, I was able only to sputter loose words and to grasp even fewer and looser words from what was said. But eventually we managed to exchange the relevant information, and I've booked a show there for May!

先週、モナレコードという下北沢でライブハスに入りました。店のマネージャーとライブをすることについて話しました。何時間も日本語を勉強しているにも、かかわらず、単語を並べることしかできませんでした 。僕が言えた言葉より、マネージャーの言った言葉の方がもっと分かりませんでした。だけど、どうにか、大切なことを一緒に話し合うことができました。5月にそこでライブをします!

In the meantime, I'm continuing to play shows within the ex-pat scene -- at Pub Republic Irish pub in Otsuka, Restaurant Papera in Shinjuku, and most recently at Infinity Books near Asakusa. The scene has been quite supportive and everyone's been very inviting to me. It's been nice to be able to land in Japan and right away find shows to play. I'm thankful to the organizers, especially Andi Brooks, Ade Crawley, and Maya Masaki Knighton of Magic Marmalade Folk Duo, who I shared the bill with on a couple of weeks ago.

そんななか、外国人の音楽の世界でライブをしています。大塚のPub Republicというアイリッシュパブと新宿のレストランパペラと浅草の近くにあるインフィニティブックスという本屋でです。ここでは、みんな僕を歓迎してくれています。主催者の皆さんありがたいです。Andi Brooks、Ade Crawley、とMagic MarmaladeというバンドのMaya Masaki Knighton. ありがとう!

I'm starting to dream up plans for recording my next album at the end of this year and releasing it (perhaps along with a Japan or Asia tour) the following summer. I'm thinking of presenting the songs as I've written them chronologically, as a sort of documentation of my journey to and within Japan. Perhaps too much of my future is unknown for that sort of planning right now, as I'm still fighting to find solid ground and to learn to communicate with the people surrounding me, but I'd love to hear your thoughts on it.

In the meantime, here's my latest song, possibly titled "And You Save Me."  Enjoy!

今、新しいアルバム作りの予定を考えています。今年が終わる前には作りたくて、来年の夏に発売したい。これは、最新の歌です。タイトルは(多分)「And You Save Me」です。楽しんでください!

December. 12月。

It's December, and I am still in Japan. I've been here three months so far and it still exceeds my expectations. I'm slowly improving my Japanese, though I still fumble and spout out random words when I'm in a stressful situation such as a restaurant or on the street. I saw a woman riding a bicycle with her baby (a common occurrence here) and her baby dropped its stuffed plush dog. All I could say was "Excuse me" and I forgot the words for "dog," "drop," "here you go." But in calm situations, like over coffee with friends, I'm able to converse about most day-to-day topics. And I'm making steady progress on The Little Prince in Japanese.

12月です。まだ日本にいます。三ヶ月間いていて、日本は私が想像していたよりもはるかにいい所です。日本語が、ゆっくりできるのになっているけど、ストレスの状況で (例えば、レストランで、道で、など)、まだできなくて、めちゃくちゃな言葉を使ってしまいます。自転車を乗っていて赤ちゃんを抱いていた女の人を見ていたら、その赤ちゃんが犬の人形を落としました。人形を返すときに、「すみません」だけと言えました。「犬」と「落とす」と「どうぞ」をぜんぜん思い出せませんでした。だけど、友達と一緒にコーヒーを飲む時のようにのどかな状況では、上手に喋ることができます。さらに、星の王子様の本をどんどん徐々に読んでいます。

I discovered a Japanese band I liked online, called Sonotanotanpenz. I reached out to them by email (in Japanese) to see if they could send me the lyrics. And they did! I'm going to see them in Shibuya on December 27th. My own attempts to write songs in Japanese still tend to end after the first verse, as I'm not quite able to intuit sentences that mean what I want them to mean while fitting a rhythm, using correct grammar, and sounding good–let alone sounding natural. But, I tread on. Here's my latest attempt, in my PJs.

「その他の短編ズ」という好きなバンドをオンラインで見つけました。歌詞を送ってもらえないか、日本語で書いたメールを書いて送りました。返事が来ました!12月27日に渋谷でその他の短編ズのライブを聞きに行きます。自分の日本語の歌を書こうとするとき、書くとき、たいてい、韻文を一つだけ書けます。ほしい意味とほしい韻律と正しい文法をしながら、きれいな音をすることが難しすぎです。でも、頑張ります。これは、パジャマで、一番最近試みです。

I've been playing some shows in the ex-pat scene, at places like an Irish pub named Pub Republic. It's a friendly and welcoming crowd there, but I'm excited to see how my music does for a mostly Japanese audience. I plan to do my first live-house show in early spring. Probably in Shimokitazawa, where I will move to soon.

外国人向けのお店でライブをしていました。そこで、やさしい観客がいますけど、ほとんど日本人の観客は私の音楽が好きかどうか、まだ分かりません。春に最初のライブハウスでライブをするの予定です。多分、下北沢で。そこの近くすぐ住みます。

I am not yet homesick. I will admit I miss some things, mostly eye contact and smiles from strangers. Japanese kindness, which is abundant, seems to be reserved for those they are interacting with. When no interaction is necessary, I sense a certain coldness and ignoring of others that leaves me wanting. Even toddlers here somehow know to behave, be quiet on the train, and avoid eye-contact with strangers.

I sometimes spend my days wondering that the world is like to a Japanese toddler.

ホームシックはまだではありません。 寂しいと思うことは、知らない人たちからの笑顔と目を合わせるのことです。日本人は、本当に優しいけど、対話を一緒にしている人たちにだけです。対話をしないとき、冷たくみえます。小さい子供でも、そう振る舞って、電車で静かにして、知らない人たちに目を合わせることをしない、不思議と彼らは知っています

 

私は時々、日本の子供たちにとって世界はどう見えているのか、そしてそれに対して何を感じているのかを考えます。

After a month... 一ヶ月のあと

Yesterday was my birthday. My first birthday in Japan. I've been here over a month, and still having fun with everything. It's been raining quite a bit, which feels new to me after living in Los Angeles, but with an umbrella, I manage to stay fairly dry. I'll be visiting Osaka and Nagoya this coming week -- so the adventure continues!

昨日のは、私の誕生日でした。最初の日本で誕生日。一ヶ月のほうが長い間、日本にいるんだけど、全てはまだ楽しいです。たくさんの雨が降ります。私のとって、ちょっと変です。雨がないロサンゼルスに住んだから。でも、傘で、ドライしたままできます。来週、大阪と名古屋に旅行しますだから、冒険はつづいています!

My music life is coming along, too, slowly but surely. I met a new friend Andi Brooks who runs Trash City music label organizes several musicians' events, including a showcase called Kitchen Disco at an Indian Restaurant in Shinjuku called Papera Restaurant. He's informed me a bit about the music scene here. According to him, it's fairly split between the Japanese musicians and the ex-pats, which makes sense, but I'm hoping is not true. He's also turned me on to several other places where music happens.

私の音楽の人生も続いています。Andi Brooksという新の友達に会いました。彼はTrash Cityというラベルを営みます。音楽のエベントも営みます。彼の一つのエベントはPapera Restaurantという新宿でインドのレストランでです。エベント名前はKitchen Discoです。彼は、日本の音楽シーンについてを言いました。彼のよると、日本人のミュージシャンと外国人のミュージシャンはちょっと割けます。それをわかりますけど、そうじゃないことを願います。彼は他のミュージックの場所を言いました。

One of the places is a bookshop in Sumida called Infinity Books. I played at an open mic there last night (LISTEN HERE!) and among the many friendly people there, I met Shina Noriko and heard her play some beautiful shamisen music.

その一つの場所はInfinity Booksという墨田で本屋です。昨日の夜、オーペンマイクで歌いました。優しい人たちに会いました。そこに、しなのりこという女の人に会いました。彼女が三味線を引いたことを聞けました。美しかったです

I also set up my first shows in Japan! I'll be playing 30-minute sets at Pub Republic in on November 25th in Toshima, Tokyo (show starts at 7), and at Kitchen Disco at Papera Restaurant in Shinjuku on January 21st (show starts at 6:30).

I'll be in touch soon! Please like, share and comment!

そして、私の最初のライブを開きました。最初は11月25日にPub Republicです。二番は1月21日にPapera RestaurantでKitchen Discoのエベントです。

すぐ、もっと書きます!ライクとシェアとコメントしてください!

I'm here! ここにいます!

Here I am, in Japan. I guess it's been only 3 weeks, but I feel I've crammed months of living into them. Every experience has been new and exciting, ordering coffee is an adventure, switching trains in Shinjuku is a mysterious process that could or could not take me where I'm headed. Every day is a new food, a new friend, a new city, a new word, a new challenge. I've seen art festivals with public dancing and music, impromptu Taiko drumming and traditional song at the senior center next door to my apartment. Every person I've met so far has been helpful, kind, and considerate. It's been fairly non-stop, though I may be wearing myself thin and might have to sleep soon...

ここにいます。日本に。3週間だけでしたけど、その時間に、三ヶ月間の経験を入れました。毎覚えは新しくてエクサイティングです。コーヒーを注文することは冒険です。新宿駅で電車を乗り換えは謎のことです…どこに僕が行くことを分かることができません。毎日新しい食べ物、毎日新しい友達、毎日新しい都市、毎日新しい単語、毎日新しい挑戦。芸術祭と太鼓のエヴェントを見ました。会った人はみなさん優しくて面倒見をよくて粋です。来た時から、やめりませんでした。たぶん、すぐ休まなければならない…

I had my first performance in Japan this last Tuesday Ruby Room in Shibuya, Tokyo. I played two songs. My buddy David shot them for me. The first one is "The Preacher Say," with an ad libbed silence where I forgot the words... The second is a song I wrote my first week in Japan. It's called "Lost in Japan." This was its public premiere, though technically I premiered it at my new friend Chie's beautiful cafe and gallery Shelter Kuko, where they host a weekly English-Japanese exchange and musicians showcase group.

今週の火曜日、渋谷でRuby Roomで、最初の公開のライブしました。二つ歌を歌いました。デェビドと言う友達がヴィデオを撮りました。最初の歌は、Preacher Sayです。他の歌は、日本にいる最初の週に書きた歌です。歌の名前は、Lost in Japanです。本当に、先週、Shelter Kukoと言う新しい友達の綺麗なカフェこで、その歌を初めて歌いました。

The path for an American folk-singer in Japan is unclear to me. Open mics, coffee shops and bars with music are not the norm here, as far as I can tell. Nor is busking. I'm not sure what avenues to follow – but I'm putting myself out there, meeting people, drinking in Japan as much as I can hold, and excited to see what happens!

Talk to you soon, my friends. Please subscribe to the blog to stay posted, and/or follow my Instagram, where I'm posting pictures and stories of my day-to-day stuff.

And please comment with thoughts or questions!

日本にいるアメリカのフォクシンガーの道はまだ見えなかったことがありません。オーペンマイクと音楽があるカフェとバーはあんまりありません。路上ライブもあんまりありませんと思います。どの道を辿ることはまだ分かりません。でも、毎日頑張って人を会って日本を飲みます。何を起こることを見出すことを楽しみにしています。

友達、すぐ話しましょう!ブログとInstagramをサブスクライブしてください。Instaで日常のことをポストします。

それに、質問と言葉をコメントしてください!